「水魚の思」の団結で

先日の記事でも引用した、7月30日付聖教新聞の先生のメーセージの中から

>原田会長を中心に、油断を排し、一切の魔を打ち破る祈りと
「水魚の思」の団結で、常勝の大前進をと、念願し、メーセージを結んだ。

仲良くできる人が立派な人だ、等々、同様の指導はたくさんありますね。
もちろん、仲良くするといっても、広宣流布への誓願の同志としての仲良くですね。
ただ、単に自分にペコペコ、ヘラヘラしてくれるから仲が良いということではありませんね。
もし、なんらかの相手の今現在の問題点が見えてしまうのであれば
「成長を祈る」これが、基本中の基本ですね。
もちろん、言葉(文字)で、意見表明することは大事ですね、
それと同時に相手の成長を祈る、この祈りなくしては、実は結ばないわけです。

というわけで、ネットであれ現場であれ、自分のスタンスというか一念は
同じわけです。
遠回りなようですが、その時、その時の、意見表明は必要であったのも確かです。

というわけで、新スタートです。

又、有益と思い書きたいことがあれば、突然書くかもしれません。

--------------------------------------




[PR]
by f2bmag8w | 2016-08-31 22:56 | Comments(0)