日顕宗に対する無知

Aさんは、日顕宗かも?と、発言していた人がいた。
その方を、Tさんとする。
私・・・・・「どうしてそう思うの?」
Tさん・・・「なんだかんだ、煩いことを私に言うから、それに創価学会員と
        自分で称していないから(自称していない)」と

その時は絶句しただけで何とも言いようがなかったのであるが、
その後のTさんのブログ記事で以下のような記述を見た。
「宗門と別れられて、何もかも自由になれた、いい時代になった」と

何かがズレているのだけど、具体的な記述が無い以上何とも言いようがなかった。

最近、驚くべき記述を見た。
ある方との、唱題の約束に関してであるが、
---------------------------------------------------------
ある方、Fさん
急な来訪者があり、極めて重要なことを話していました。

二十数年前に脱会した親戚が、自分の親の葬儀にまつわる
寺や法華講幹部の対応に疑問を持っていたところ、
同時期に脱会していた姉(訳あって家族が離散、天涯孤独で某県に
居住)が、地元の学会員さんの勧めで、昨年の任用試験を会友と
して受験し合格。親身になって相談に乗ってくれている学会員さんを
信頼し、昨年中に脱講して入会したとのという話を聞いたと。
以下略


それに対して、Tさんは

極めて重要かどうかは知らないけど
------------------------------------------------
巷で問題になっているネット上リレー唱題会については、多くの方が
語り尽くしているので重複するようなことはあえて書きません。

日顕宗から離脱する(脱講)ことは重要なのは言うまでもありません。
破門以降の先生のスピーチには、日顕宗の極悪をあらゆる観点から
詳細に指導してくださっております。
そのほとんどは小冊子「創価のルネサンス」に収録されています。
その後の小冊子「輝きの明日へ」にもあります。

そのTさん、ある一部の方から「本当は、活動家のふりをしているだけだよ」
なんて、噂も立てられたらしく、たいそうご立腹のようでしたが、

ひと様の評価はともかくとして、
現在、創価学会の組織で(ネットでなく地域の本当の組織で)
広宣流布に、地涌の菩薩の誓願で、活動しているのであればこそ
日顕宗の極悪への正しい知識は絶対に必要です。

3.4年前までは、何かわけがあって、完璧にいわゆる未活動状態であったとは
ご本人ブログ記事で読んでおります。
20数年前の破門ですから、その当時の先生の指導まで遡って
研鑽はできていなかったというのも、わからないでもありませんが、
今でも、主として創価新報、あるいは任用試験の研鑽範囲としても
日顕宗の極悪については、説明されているのですから、

極めて重要かどうかは知らないけど

などの発言が出てしまうこと自体、現在のありのままのスタンスが
露呈してしまったわけです。

書きかけ・・続きます


[PR]
by f2bmag8w | 2017-02-06 12:37 | Comments(0)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」
明けましておめでとうございます。

昨年以来の前記事で、次は「広宣流布のための御本尊を認定」について
書きますと宣言して以来、そのままでしたが、
気まぐれな個人ブログですから、宣言したからといって、無理に書く義務も
必要もないわけです。

しみじみ思うのは、
御本尊というのは、「法華弘通のはたじるし」1243P----これに尽きるわけですね。

これを出発点としていかないと、会則教義条項改正について納得できないということが起きてくるわけです。

ちょうど改正の直後でしたが、某掲示板でのことですが
「創価学会が広宣流布のための御本尊を認定」という点に関して
某人が「創価学会は裁判官か!!!」と、怒っていたことがありました。
ちなみにその方は統監のある創価学会員とのことです。

創価学会は、大聖人の御遺命の世界広宣流布を推進する
仏意仏勅の教団であるとの自覚に立ち、
その責任において広宣流布のための御本尊を認定します。(大白・88P)

↑↑上記の内容を認識できていないが故の「裁判官か!!」になったわけです。

続きます。
--------------------------------------------------





[PR]
by f2bmag8w | 2017-01-03 23:27 | Comments(0)

「否定した」という錯覚

某ブログで目撃したことであるが、つい最近、その某ブログ主が正式に統監上創価学会員でなくなったそうだ。
その統監の手続き云々の事実・真実はともかくとして、
以前、私は少々対話したことがあったが、
その時「除名になるまで絶対に自分からは退会しない」と述べていた。
更には最近の記述では某ブログ主の「池田先生こそが大謗法」云々なる発言も目撃した。
言うまでもなく、この記事は創価学会員を対象にしているが、
池田先生が大謗法だとの認識の会員(統監があったとしても)は、
読んでいただく必要はないし、何か反論コメントをいただいても承認公開はしない。

そういうわけで、池田先生は信仰上そして人生の上からも師匠であるとの、
偽りなき心情をお持ちで、なおかつ、一昨年の会則教義条項改正に際して、
「弘安2年の大御本尊を否定した」ケシカラン、言語道断だとの、お怒りをお持ちの
会員が対象である。

ケシカラン云々の理由として「先生の御意向を無視した」等あるらしいが、
先生の御意向云々に関係なく、「否定していない」し、創価学会員でない方が読んでも、
普通に日本語の読解力があれば「否定していない」と読み取れるわけだ。

一度聖教新聞紙上で発表された内容は、翌年(平成15年)大白蓮華4月号に
掲載されている。それだけ重要であるとのことなんだと思う。

今回は、その大白蓮華を使用して書いていきたい。
86Pから抜粋
末法の衆生のために日蓮大聖人御自身が御図顕された十界の文字曼荼羅と
それを書写した本尊は全て根本の法である南無妙法蓮華経を具現されたものであり
等しく「本門の本尊」である。


この日本語をどう読むのかというのが、まずは第一段階だ。

次回は「広宣流布のための御本尊」を創価学会が認定するについて
書いたいきたいと思います。
年末故、書けるかどうかわかりませんが、いざ書き始めると
僅かの時間ですから書いていければと思います。

-------------------------------------------------------




[PR]
by f2bmag8w | 2016-12-24 19:40 | Comments(2)

私のブログ記事も、多少はロム者がおります。
多分、いわゆる会内アンチ、つまり、創価学会に統監のある会員だけど
何らかの理由で創価学会に文句を言いたい・・・というロム者は少ないのだと
推測いたします。
会内アンチさんを喜ばせる記事は書かないからです。
ですから読んでいただいているロム者のほとんどは、日顕宗への
正しい認識をお持ちである
との前提でお話いたします。

既に非公開にしましたが、前記事&その前の記事に関しては、
かって、友好的に関わった経緯もあった方ですが、
今夏頃から、「今の創価学会で活動すると罰だの地獄だの」と発言していたようで、
直接電話連絡できる間柄の方が選挙期間中頃
その点で忠告もしていたようです。
ハッキリと言ってあげるその方は立派だと思いました。

私も今回、自説(現会長&執行部は間違えている)を主張するなら、ある件で
歴史的事実は正確にとのコメントを先方さんに入れさせていただいておりますが、
歴史的事実の正確さは、どうでもいいとの返答でした。
こちらの質問には答えず、質問とは関係ないことを羅列するスタンスをみて
直接のコメント交換は無理だとの判断です。

思いがけず、ブログ村の某ブログコメント欄での発言を見て、驚きました。
前記事でも記しましたが、
>先生の真意を読みとれず、また多くの会員も深く考えず、日顕宗だと成仏できないといっているだけです。

先生がどれほど、日顕宗の極悪について教えてくださっているか。
その方が、しばしば引用する小冊子「創価のルネサンス」には、
膨大な日顕宗の極悪についての先生の指導が掲載されております。

日顕宗への認識は、ある意味創価学会員として極めて重大です。
人生の分岐点になる重要なことです。
一応表面的には、同じご本尊、同じ題目、ということで
創価学会に不満を持ち退会し、いともたやすく日顕宗へ行く人もいるわけです。

現会長&執行部は間違えているが、先生、先生と連呼している人であるからこそ、
先生は、日顕宗について、どのように指導しているか?
これを、単刀直入に指摘してくれる人間は本来なら、恩人になるべき存在ですが
なにやら怒り心頭とのことらしく
不要な争そいはするつもりもありませんし、
年末でもあり、新年に向けて、良いスタートをきるべく
数日以内に他の記事も含めて、整理したいと思います。
もとより個人ブログの記事などは、後生大事に保管する意味は
無いと私自身は思っており、その都度、伝えるべき人に伝わればそれで良いと
思っているわけです。

再度繰り返しますが、日顕宗の極悪への正しい認識を持っていないと
せっかく、創価学会員になりながら大切な人生をゼロどころか
マイナスにしてしまいますからね。

あえて最後にロム者の皆様にお願いですが、
今までコメント投稿という付き合いの無い方であれば、
新鮮でもあり対応も又違うやもしれませんから
先生が日顕宗の極悪について、どのように指導しているのか
正しいことを、伝えてあげて欲しいと願います。


年内に、書ければ書きますが、
一昨年の会則教義条項改正に不信・不審の会員の根源的理由として
もちろん、広宣流布への地涌の菩薩の誓願の欠如ということも
ありますが、日顕宗の極悪についての誤認識・無知という点が
大きいわけです。
シンプルなことなんですが、書ければ書いてみたいと思っております。
ーーーーーーーーーーーーーーー


[PR]
by f2bmag8w | 2016-12-18 21:09 | Comments(0)

「水魚の思」の団結で

先日の記事でも引用した、7月30日付聖教新聞の先生のメーセージの中から

>原田会長を中心に、油断を排し、一切の魔を打ち破る祈りと
「水魚の思」の団結で、常勝の大前進をと、念願し、メーセージを結んだ。

仲良くできる人が立派な人だ、等々、同様の指導はたくさんありますね。
もちろん、仲良くするといっても、広宣流布への誓願の同志としての仲良くですね。
ただ、単に自分にペコペコ、ヘラヘラしてくれるから仲が良いということではありませんね。
もし、なんらかの相手の今現在の問題点が見えてしまうのであれば
「成長を祈る」これが、基本中の基本ですね。
もちろん、言葉(文字)で、意見表明することは大事ですね、
それと同時に相手の成長を祈る、この祈りなくしては、実は結ばないわけです。

というわけで、ネットであれ現場であれ、自分のスタンスというか一念は
同じわけです。
遠回りなようですが、その時、その時の、意見表明は必要であったのも確かです。

というわけで、新スタートです。

又、有益と思い書きたいことがあれば、突然書くかもしれません。

--------------------------------------




[PR]
by f2bmag8w | 2016-08-31 22:56 | Comments(0)

妙法を守る

2016年7月30日付聖教新聞   全国最高協議会への先生のメーセージ(抜粋)

仏意仏勅の創価学会の使命に言及。

釈尊・そして、御本仏の広大なる慈悲を体し、荒れ狂う娑婆世界で大法を弘通しているのは
、学会しかない。戸田先生が「創価学会仏」と、言い切られたゆえんである。

学会を守ることが、妙法を守ることだ。

学会の永遠性を確立するのは、まさに「今この時」であり、この「地涌の本懐」を宿縁深き同志と
一緒に、断固と成し遂げていきたいと訴えた。

原田会長を中心に、油断を排し、一切の魔を打ち破る祈りと「水魚の思」の団結で、常勝の
大前進をと、念願し、メーセージを結んだ。



2008年11月23日付聖教新聞 11・18記念代表協議会での先生の指導
(23日24日25日全6頁から抜粋)

当時、学会を財政面で支えておられたのは戸田先生であった。

師匠と弟子の二人きり。誰も助けてくれない。私しかいない。

私は真剣だった。
言ったことは必ず実行した。
最初から容易にできたことなど何一つなかった。
現在の学会の驚くべき世界的な大発展も、すべては偉大なる「師匠の薫陶」と
それに応えんとする「弟子の誓願」の中から築かれてきたのである。

この厳粛な師弟を軽く見て、大変なことは人にやらせ、できあがったものの上に
あぐらをかくような幹部には絶対になってはいけない。
そうしたずるい人間を、断じて許してはならない。
将来のために強く申し上げておきたい。



--------------------------------------

>そうしたずるい人間を、断じて許してはならない。

全会員&友人読者の目に入る聖教新聞で指導された内容であり、
一応は、最高幹部の集まる場での指導であるが、
まずは、会員であれば、役職に関係なく「この指導を自分はどう捉えるのか」という視点が大事であり、
いたずらに、悪い幹部がいるかもしれないから、叩くぞという方向へ行ってしまうのは違うのだと思う。
本当に何らかの裁定をしなくてはならないケースであれば、しかるべき措置は今までもされていたのだと
思う。
一つの例として、
結果として除名処分になった元・教学部長などは、立場を利用して重要資料の持ち出しという
事実が直接の処分理由として、あの当時発表されていた。
処分発表の後、14年間も勤行をしていなかったとか、会合に酒臭い状態でフラフラできて
教学の迷講義をしていったとか、表に出てきた。
当時入会直後の私は、「何でこんな人間を長い間大幹部に放置しておいたのか」疑問であったが
先生や身近な大先輩は厳しく指導しつつ、成長を願い広いこころで包んでいたそうだ。
しかし、それでも落ちる所まで落ちてしまった以上は致し方なく、除名となったのなだろう。

素直に学会活動をする会員を「盲目的な行動」であるとか「自分で考えない」とか
そのような目で見る、統監のある会員を自称し、学会総体を批判している方々が
おられるようであるが、2種類のパターンがあるのだが
①先生は正しいが、学会本部が悪い・それを批判しない会員も悪い。
②師匠ではないし、学会総体も間違えているが、自らは退会しない。

私もそのような方々に、一時的には関心を持ち、アプローチもしたが
最終的には、所属する現場組織の方こそが、最後の希望の砦であるだろうし
関心を持ったということは、自分の「内」にその「因」があるわけで、
紛れもなく罪障消滅させていただいた実感はある。

↑↑・・・これが、結論ですね。


----------------------------------------
[PR]
by f2bmag8w | 2016-08-27 21:24 | Comments(0)

一人を尊ぶ実践こそ平和の直道

最後の部分に
「終戦の日」に当たり、平和への誓いを新たにしたい。
それは、日蓮仏法に脈打つ生命尊厳の思想を弘め、世界の平和を実現
することだ。
その直道が、目の前の一人を大切にし、励ましを送る日々の
学会活動なのだ。

と、あります。

数ヶ月ぶりに、見てしまった惨状に、ついつい介入してしまいましたが
全てが無駄ということではありませんが、
やはり、徒労である部分が大きいです。
ネット上といえ、現実といえ、全て自分自身の「生命活動」です。
そういうものに、引き込まれてしまう自分の生命・・・

特段、まずい記事はありませんが、区切りをつける意味でも
いくつか、抹消してあります。
現在、特に、ブログで発信したいことはありません。


それでは、失礼いたします。

--------------------------------------------
8月15日夜追記

かねてから、犬猿の仲であったお二人のそれぞれの際どい記事がそれぞれ消失してしまった
以上は、同時進行で所感を綴り、かねてから関心のあるロム者だけが、同時進行で
なるほどと頷いたり、いや違うと感じたり色々であったでしょうが、
ともかく、所感そのものも時に適わなくなったのはその通りで、一応の終着として
所感記事全般を消す判断が良いと思う。

そうであるけれど、今回の観察の最中に発見した、この項目だけは
留めておくべきと判断。

「日顕宗よばわり」

元記事から転載・加筆。元記事・心理職に国家資格!「公認心理師」 その他諸々

Aさんは日顕宗みたい・・

該当ブログにコメント投稿し、相手さんの返答の中で、その発言を見た時に
具体的に「どういう部分?」と聞きたかったのですが、そもそもコメント投稿自体が
ヒヤヒヤもので・・退出したのですが、ひょんなことから、「真意」を発見しました。

>今まで うるさい事を 友人には言いすぎましたね
>私も 支配欲が強いです(笑)
>こうあるべき などと言うのは ちょっと古い 日顕宗思想でしたね
>私も なかなか 抜け切れませんでした
>もっと自由に ありのまま 私らしく これからも進んでいこうと思います
>そして 自分に正直でありたいです


なんだ、そういう理由だったの、普通、「日顕宗」みたいと言えば
ちょうど、大白蓮華7月号が、2級試験特集で「日顕宗を破す」で

日顕宗の大罪と邪義として
広宣流布の破壊
大聖人の教義に違背
人間を手段化する宗教との戦い・・・・

普通は、こういういことを思いますよね、だからとても不思議でしたね。
又、こんな発言もありました。

>Aさんは 考え方が 学会員じゃないって事
>先生の 考え方と 大きく離れていると思う
>まるで あれじゃ 日顕宗だよね
>ミイラ取りが ミイラになっちゃったのかな?
>たまに 正しいことも言うから 三流週刊誌みたいだと思っているけどね(笑)
>まぁ そういう人も 必要だよ
>反面教師として・・・

ここで、「先生の考え方」と、ありますが
先生が「日顕宗」の「極悪」についてどのようなご指導をされているのか知っているのでしょうか?

もし、先生の日顕宗の極悪についての指導を、少しでもわかっているのであれば
明らかに、日顕宗的、大邪義、大謗法を、Aさんご本人が発言した事実無くして
いとも簡単に「Aさんは、日顕宗みたい」
と、ノー天気に発言してしまうことは、決めつけた本人が明らかに悪の業因を積んでしまっていることに
なります。
本当に信頼関係のある「真の友人」を自認する方であれば忠告をしないといけないでしょうね。

もっとも、発言ご本人は、かねてからAさんに何かと煩いことを指摘されていて不愉快だから
という理由だけで、「日顕宗みたい」と日顕宗の信徒だと断言したわけではないですが
単に不愉快だからという理由に「日顕宗」を使ってしまうことの安易さ、
哀しいまでの無知、

煩いことを言われていやなら、嫌いなら、「煩いことを言うから嫌い」だけでいいはずです。

本日配達の8月17日付の創価新報に、久々に「脱講体験」が4題掲載されていました。
身近な創価学会員の日常からの誠実さが、脱講につながったのは言うまでもありません。
極悪からの離脱・・これがどれほど大きな意味を持つのか、その重大性が理解できて
いれば、安易に、日顕宗よばわりは、絶対にできないでありましょう。
極悪の因を確かに積んでしまいました、無知であろうと、因は因です。
さあ、身近で会った経験のある心ある方は、忠告してあげてください。
その結果、「おせっかい、やかないで、あんたとは、絶好よ」となっても、忠言した
善の行為は、確実に生命に刻印されていきます。


---------------------------------------------------------------------
[PR]
by f2bmag8w | 2016-08-14 15:41 | Comments(0)

本日の聖教新聞には、日印の青年部幹部会への先生のメーセージ、
そして、随筆 永遠なれ創価の大城 被爆71年に誓う
が、それぞれ掲載されております。
お手元に聖教新聞があるでしょうから、転載はしませんが
日常の地道な学会活動全般こそが世界平和への最も確実な道であることは確かですね。

ツイッターは、自分が登録していなくてもロムはできます。
有益な情報発信者のツイッターは、しばしばロムします。
ちょっと、あらためてなるほどなというものがありました。

結局は、依正不二のことを言っているわけですが、喩えが巧みだなと
感じ入った次第です。

十界論に関係無い事は幸不幸に関係ない。
大事な事は君の境涯である
君の命だ。
自分の境涯がニ等車だったら隣に座った人もニ等車の客。
なんぼしゃんとした人が座ったとしてもニ等車の客に間違いない。
自分がグリーン車に乗っていれば、隣に座った人横の人もグリーン車の客。
これは物の道理
デパートに入り6階を歩く時は6階を歩いている人としか出会わない。
地下を歩いてる時は地下を歩いている人としか出会わない。
これが仏法なんです。
心の強い人は心の強い人と一緒になる。
福運のある人は福運のある人と一緒になる。
宿命の深い人は宿命の深い人と一緒になる。
これが仏法の道理。
分からない証拠に自分は二等車に乗りながら隣に座った人に一等車を求める。
あなたの眷属です。自分が二等車なら隣も前も全部二等車。
未熟な人は未熟な人を選ぶ、成熟した人は成熟した人を選ぶ。
これが仏法の道理です。
これだから自分が大事なんです、自分が変わる事が大事なんです。

これが全てですね。

---------------------------------------------------
[PR]
by f2bmag8w | 2016-08-11 22:29 | Comments(0)