ああ感激の同志あり

あまり歌う機会は無いのですが、世界の同志と一緒に過日歌いました。

大白蓮華5月号では、「創価学会仏」更には「今こそ学会の永遠性を確立」
と、先生の講義があります。
まだ一冊全部読めてませんが、毎回の青年の体験も感動です。

投稿させていただきお世話になった、お元気な「ポンコツ爺さん」こと「クジラさん」の掲示板も5月末で閉鎖とのこと。
閉鎖までには、謝意を述べるべく挨拶投稿はするつもりですが、色々な意味で閉鎖も良いタイミングかと思います。

更新もしていないブログですが10人位の方が様子を見に訪れてくださっています。

数年間、色々書きましたが、その時は、意味のあることと書いていたわけですが
色褪せてきました。

又、突然書きたくなる時もあるやもしれませんのでブログは解約はしませんが
ひとまず、全部リセットです。

「しがらみ」のあるリアル現場こそ、修行の場です。
人間革命、人格陶冶は、「しがらみ」のある場でしか不可能です。

先生とモスクワ大学総長(対談当時)の対談の中で
インターネットに関して対話されている部分があります。
対談本発行は2004年です。
先生の発言部分をこの色で表示します。

タイトル・・・情報化の光と影
サブタイトル・・・電脳空間にない「しがらみ」が成長の糧になる

人間が生きているという実感をもつ、最初の場が家庭です。
これはバーチャル・リアリティとは対極をなします。

縁起の世界は宿命の有限性、個別性という側面をもつことを強調しておきたいと
思います。
日本人に生まれ、ロシア人に生まれるということも
男性に生まれ、女性に生まれるということも宿命です。
有限性、個別性の世界です。

自分がどのような家庭に生まれるか、つまり親を選べないという点で
自由に名を借りた人間の恣意、エゴイズムをどこかで抑制せざるを得ないという
ファクターがそこには宿命的に内在している。

宿命性とは人間が自由に操作できない、コントロールできない、選択できない
換言すれば、己の裁量が及ばないための自己の有限性を自覚せざるを得ないしがらみを意味します。

確かにそのしがらみは時に煩わしくはあるが、反面古来から
人間の成長、人間が人間に成るためには、避けて通ることのできない
ハードルでもありました・

その点、いわゆる電脳空間には、宿命性のしがらみはほとんどありません。
バーチャル・リアリティーの世界では、誰と話そうと、
どんなサイトにアクセスしよとあるいは電源を切ってしまおうと自分のほしいまま
自由です。
好きなように都合のよいように操作しコントロールし選択できるのです。
しがらみの介在する余地はなく、したがって恣意がエゴイズムへの抑制機能は
はたらきにくい。
余程警戒していないと、現実からの逃避へと際限なくひきずられていってしまい、
その結果、人間同士での直接の打ち合いのなかでのみ可能な人格の陶冶が
なされなくなります。


----------------------------------------------------

皆さま、お元気でご活躍ください。



[PR]
by f2bmag8w | 2017-04-25 22:37 | Comments(0)

自他共の成長を